診療科目

眼科

主な診療内容

眼科一般・白内障・緑内障
眼底疾患・ブドウ膜炎症
コンタクトレンズ処方
眼鏡処方・手術・処置

診療時間のご案内

診療時間
午前
9:00~12:30
午後
14:00~18:00

※火曜日の午後は手術のみとなります。

休診日

日曜・祝日・年末年始・お盆

アクセス

ふじつ眼科
〒755-0067 山口県宇部市小串91-20
TEL.0836-39-7777

コンタクトレンズ

コンタクトレンズの処方

コンタクトレンズは、眼の角膜に直接のせて使いますので使い方によっては角膜に障害を与えたり、正しく使っていてもいろいろな合併症をおこすことがあります。
したがって、コンタクトをはじめてご使用の時はまず、コンタクトが装用できる眼かどうかを当院で検査を実施しましょう。
(涙の出が非常に少ない人や、アレルギー性結膜炎などのひどい方はコンタクトの使用が出来ない場合もございます。)
また、コンタクトにはいろいろな種類があります。どういう種類のコンタクトレンズがそのひとに合っているかは、そのひとの眼の状態や生活習慣、どういう時に使いたいかなどをよく聞いて決めます。
そして、コンタクトを装用することで起こりうる合併症について説明し、そういうことにならないために使い方の注意や普段の手入れの仕方などを説明します。
検査結果からコンタクトの種類、材質、サイズ、度などをあわせ決定します。

種類

コンタクトレンズの種類には、材質をもとに大きく分けてハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがあります。

●ハードコンタクトレンズ

角膜の3分の2程度の大きさで小さく耐久性に優れ、かつては酸素を通しにくいものでしたが、現在は酸素透過性のタイプものあり一週間連続装用可能や一か月連続装用可能なものも出てきています。
現在では酸素透過性ハードコンタクトレンズが主流です。

●ソフトコンタクトレンズ

異物感が少なく、激しいスポーツでも安心して使用できます。
水を含むプラスチックでできた柔らかいコンタクトレンズです。含まれる水の割合(含水率といいます)は素材によって異なります。構造上黒目全体を覆うので、酸素が角膜に供給しにくい面があります。

●特徴の比較


ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ
長所
  • ●極度な視力補正に対応できる。
  • ●長時間装用が可能。
  • ●お手入れ時に精製水を使用するため、ソフトコンタクトレンズに比べるとコストがかかりません。
  • ●コンタクトレンズの裏表がわからなくなるようなことがありません。
  • ●脱着時の取り扱いが簡単です。
  • ●ハードコンタクトと比べて違和感が少なく初めての方でもすぐに慣れます。
  • ●基本的に割れません。
  • ●密着感があるため、運動をする方には向いています。
  • ●カラーコンタクトなどファッション性のあるコンタクトレンズもあります。
短所
  • ●装着時の違和感があり、涙が止まらない状態になります。慣れるまでに時間が掛かります。
  • ●割れたり、外れたりすることがソフトコンタクトレンズに比べて多いといえます。
  • ●ずれやすいので運動をする方には向いていません。
  • ●1日使い捨てレンズ以外のソフトコンタクトレンズは、専用の洗浄液や消毒液を使う為、お手入れが必要となります。
  • ●付けている事を忘れることがあり、そのまま眠ってしまうと目に酸素が供給されなくなります。
  • ●極度な視力補正はできません。
  • ●ハードコンタクトレンズよりも若干ですが値段は高めです。